WordPress

WordPressの記事削除方法とSearch Consoleでの古いコンテンツの削除リクエスト

WordPress、記事削除方法

WordPressでの記事削除方法を解説します。

また記事を削除したあとはSearch Consoleで記事の削除リクエストをしていきましょう。

WordPress記事削除方法

ダッシュボードの『投稿』から『投稿一覧』をクリックします。

 

削除したい記事にカーソルを合わせ『ゴミ箱へ移動』をクリックします。
これで記事削除は完了です。

WordPress、記事削除方法

 

ゴミ箱に記事が入っているのが確認できます。

WordPress、記事削除方法

 

削除した記事は完全には消えず、サーバー内に保存されています。
『ゴミ箱』の中に記事があるので、元に戻したいとき(削除を撤回したいとき)は
『復元』をクリックします。

ここで『完全に削除する』をクリックすると、二度と復元は出来なくなります。

WordPress、記事削除方法

 

記事の削除をたくさんしたりしてゴミ箱の中がいっぱいになったとき、
ゴミ箱の中の記事をまとめて完全に削除するには『タイトル』をクリックします。

するとすべての記事にチェックが入ります。

WordPress、記事削除方法

 

『完全に削除する』をクリックします。
『復元』をクリックすれば削除した記事が再び公開されます。

WordPress、記事削除方法

Search Consoleで削除リクエストをする

記事削除した後はSearch Consoleで記事の削除リクエストをします。

削除した記事のキャッシュが残っていたり、反映に時間がかかったりすることがあると、
『アクセス出来ないページがある』ということでGoogleからの評価が下がり、SEO的にもあまりよくありません。

そこで削除した記事はSearch Consoleにリクエストを出すと検索エンジンから外してくれます。

古いコンテンツの削除

赤枠の中に削除する記事のリンクを入力して『削除をリクエスト』をクリックします。

WordPress、記事削除方法

だいたい1日もあれば消えるようです。

SEO的にも効果がありますが、記事に訪問してくれた読者さんに対しても
『お探しのページが見つかりません』と表示されないほうが良いですよね。

記事を削除した際はGoogleに対して記事削除したことを伝えておきましょう。

記事を削除せずに非公開にする方法

記事を削除せずに非公開にすることもできます。

記事は残しておきたいけど読者さんには見えないようにしたい場合は
ひとまず非公開にしておきましょう。

投稿一覧から非公開にしたい記事の『編集』をクリックします。

WordPress、記事削除方法

 

投稿画面の右側『公開』の中の『公開状態』の『編集』をクリックします。

WordPress、記事削除方法

 

『非公開』にチェックを入れて『OK』をクリックします。
最後に『公開』もクリックしましょう。

WordPress、記事削除方法

これで記事は非公開になり、ダッシュボードにログインしている人(基本的にあなた)しか見られない状態となります。

おわりに

WordPressでの記事削除方法を解説しました。
せっかく書いた記事を削除するよりかはリライトする方が良いと思いますが、
トレンドブログを運営していると記事の削除依頼が来ないとも限りませんので、
覚えておいた方が良いですね。

記事を削除した場合はSearch Consoleで記事削除のリクエストをして、
記事削除したことをGoogleに報告しておきましょう。