プラグイン

AdSense Integration WP QUADSを設定してアドセンス広告を好きな場所に貼ろう

AdSense Integration WP QUADS、設定方法、プラグイン

アドセンス広告を記事内の好きな場所に貼るためにAdSense Integration WP QUADSというプラグインをインストールしていきます。

このプラグインAdSense Integration WP QUADSを設定しておくと、
ワンクリックでアドセンス広告を好きな場所に貼る事ができます。

このAdSense Integration WP QUADSはアドセンス審査に合格して、コードが取得出来たら設定します。
まだ審査に通過していない場合はひとまずインストールして有効化だけ済ませておきましょう。

AdSense Integration WP QUADSの設定

プラグイン『AdSense Integration WP QUADS』をインストールして有効化します。

AdSense Integration WP QUADS、設定方法、プラグイン

 

 

ダッシュボード『WP QUADS』から『Ad Settings』をクリックします。

AdSense Integration WP QUADS、設定方法、プラグイン

 

 

『ADS』をクリックしてアドセンスの広告コードを入れる作業をしていきます。

AdSense Integration WP QUADS、設定方法、プラグイン

 

赤枠の中にアドセンスコードを入力していきます。(アドセンスコードは10個まで入れられます。)

中央揃えにチェックを入れて『変更を保存』をクリックします。

AdSense Integration WP QUADS、設定方法、プラグイン

アドセンス広告を表示させる

実際にアドセンス広告を記事内に表示させるには『テキスト』モードにして『Ads1』をクリックします。

AdSense Integration WP QUADS、設定方法、プラグイン

※記事を書くのは基本的に『ビジュアル』モードなので、記事内にアドセンス広告を貼る時だけ『テキスト』モードにします。

 

AdSense Integration WP QUADS、設定方法、プラグイン

アドセンス広告の貼り付けはこれだけです。簡単ですよね♪

 

2つ目の広告を貼りたい時には右にある『RndAds』をクリックすればOKです。

AdSense Integration WP QUADS、設定方法、プラグイン

1記事の中に2つまでは『Ads1』と『RandAds』で済みますね。

3つ以上アドセンス広告を貼りたい場合は、同じ要領で新たに広告コードを登録していきましょう。

 

※同じボタンを記事内に2つ以上設置しても、ひとつ目しか広告は表示されません。

『Ads1』+『Ads1』 × 表示されるのはひとつ目の『Ads1』だけ

『Ads1』+『Ads2』 〇 『Ads1』と『Ads2』両方表示される

記事の最後に広告を表示させる方法

『GENERAL & POSITION』から記事下にアドセンス広告が自動で表示させることが出来ます。

下のようにチェックを入れ『Ad1』を選択して『変更を保存』をクリックします。

AdSense Integration WP QUADS、設定方法、プラグイン

この設定をすることによって記事の一番下には何もしなくても自動でアドセンス広告が表示されるようになります。

おわりに

アドセンス広告を使ってトレンドアフィリエイトをする場合、広告の配置位置によって収益に影響が出ることもあります。
なので自分の考える通りの場所に広告を貼れるこのプラグインAdSense Integration WP QUADSを設定しておくととても便利です。