Google AdSense

【Googleアドセンス】審査準備&合格するまでの流れ

Googleアドセンスの審査に出して合格するまでの流れと、準備や注意点を解説しています。

アドセンス審査用ブログの作成 ⇒ アドセンス審査 ⇒ 合格 ⇒ 収益化

このような流れで収益化ブログの準備をしていきます。

何度も審査に出すことなく、出来れば一発で合格したいですよね!

私も、私のコンサルを受けた方も、こちらにまとめた通りに申請し一発で合格出来ているので、ぜひ参考にしてみてください。

Googleアドセンス審査の準備

審査用ブログのテーマを決める

アドセンス広告をブログに貼って収益化するためには、
まずあなたのブログをアドセンス審査に出して合格する必要があります。

そこでまず審査に出すブログのテーマを決めましょう。

ブログテーマは1つのことに特化した内容が審査に通りやすい傾向にあるようです。
そのため、あなたの得意分野をテーマにすると詳しい記事が書けて良いですね。

例えば、食レポ(グルメ)・子育て・ペットなど。

食レポブログの場合は外食した際に店の外観や内観、お料理や飲み物などを撮影しておいてブログ記事にしていきます。

お子さんがいらっしゃる方やペットを飼っている場合は、日常の中から記事ネタがたくさん拾えると思います^^

もしあなたが趣味も特技もなく、何かに特化した詳しいブログ記事が書けない!という場合でもネットや書籍で調べて書けばOKです!

ちなみに私は一番新しいところでは、2019年8月に「タイ移住」に特化したブログで
アドセンス審査に合格していますが、私はタイに行ったことすらありません。
タイ在住の外注さんに書いてもらった記事を使用しました。(審査用にわざわざ書いてもらったわけではありません)

このアドセンス審査の時点では芸能に特化したブログは避けたほうが無難です。

芸能系は審査に通りにくいと聞いたことがあります。
芸能の他にも審査に通りにくいジャンルとして、美容・健康・妊娠出産系も避けた方が良いとされているようです。

サイト基本設定(テーマJINを使用の場合)

サイトの基本設定をします。

ダッシュボード『外観』⇒『カスタマイズ』⇒『サイト基本設定』

SEO用タイトル:検索結果に表示されるタイトル

SEO用サブタイトル:検索結果に表示されるサブタイトル

サイトのタイトル:ブログに表示されるタイトル

ディスクリプション:検索結果に表示されるブログの説明文

ヘッダー画像を設定する

ヘッダー画像とは、ブログのトップページ上部に表示される画像のことです。

例えば下記のサイトで言うと、赤枠のところがヘッダー画像になります。

ヘッダー画像はオリジナルのものを設定した方が、アドセンスの審査に通りやすいと言われています。

画像は以下のフリー素材などを利用し、審査用ブログのテーマに合うものを探してみましょう。

O-DAN(オーダン)
様々なフリー素材サイトから画像を一括でまとめて検索が可能

Canva(キャンバ)
無料テンプレートでオシャレなスライドやバナーを作成できる

Pixtabay(ピクスタベイ)
海外のおしゃれ画像が豊富

Unsplash(アンスプラッシュ)
海外のおしゃれ画像が豊富

photo AC
日本人モデルのフリー素材多め

ぱくたそ
日本人モデルのフリー素材多め

GIRLY DROP(ガーリードロップ)
女の子向け画像

ブログのタイトルを入れたりサイズを変更するなど、必要に応じて画像編集もしてみてください。

無料画像編集ソフト、PhotoScape、使い方
【無料】画像編集ソフトPhotoScapeの簡単な使い方を紹介!使いやすくてとっても便利!無料の画像編集ソフトPhotoScapeの使い方を解説します。 私が普段よく使う機能だけ紹介します。簡単なので画像編集の際に参考に...

ヘッダー画像の設定方法(JIN)

ダッシュボード ⇒『外観』⇒『カスタマイズ』⇒『ヘッダー画像設定』で設定できます。
(スマホ用のヘッダー画像の設定もしておきましょう)

『サイトデザイン設定』ではヘッダー画像がどのような位置に表示されるかを、
約10パターンの中から設定ができます。

色々試してみてお好きなデザインにしていきましょう。

また、『ヘッダー画像設定』⇒『ヘッダー画像の下層ページ表示選択』
⇒『下層ページに表示させない』にチェックを入れておくことで、

ヘッダー画像をトップページ以外には表示させないように設定できます。

お好みで良いと思いますが、表示させない方が記事が見やすいと思うので、
私は『下層ページに表示させない』にチェックを入れています。

グローバルメニューの設定

下の画像の赤枠がグローバルメニューです。

アドセンス審査にはこのグローバルメニューに下の4つを入れていきます。

  • 目次
  • 運営者情報
  • プライバシーポリシー
  • お問い合わせ

それぞれ『固定ページ』の『新規追加』で作成します。

目次、プラグイン、PS Auto Sitemap
プラグインで目次を作ろう!PS Auto Sitemapの設定方法を紹介『PS Auto Sitemap』はブログの目次を作ることができるプラグインです。 目次を設置しておくことでブログの訪問者が迷わず...
お問い合わせフォーム、プラグイン、Contact Form 7の設置方法
お問い合わせフォームのプラグインContact Form 7の設置方法『Contact Form 7』はサイト内にお問い合わせフォームを簡単に設置することができる 便利なプラグインです。 ブログを運...

プライバシーポリシー

テーマ「JIN」を使用の場合、
プライバシーポリシーはデフォルトで固定ページに入っています。

運営者情報

自分のプロフィールとメールアドレスを記載します。
名前はブログ用のニックネームでOKです。

それぞれのページを固定ページで作成したら、
ダッシュボード『外観』⇒『メニュー』からグローバルメニューに設定します。

サイドバーにプロフィールを設置

サイドバーにプロフィールを設置します。
目立つところが良いので私はサイドバーの一番上にしています。

顔出しはしなくてもOKです。
キャラクターやアイコン画像をフリー素材のサイトから拾ってきて設定しましょう。

プロフィールの設定は、
ダッシュボード『外観』⇒『ウィジェット』から設定できます。
左側の「利用できるウィジェット」からサイドバーにドラッグ&ドロップします。

アドセンス審査用の記事を書く

文字数

私がアドセンス審査に出したブログを見直したところ、1記事あたり2500~4000文字くらい書いていました。

ブログを書くという事は
「誰のために書かれたのかが明確」なおかつ「検索者の悩みが解決する」ことが目的です。

そして何かに特化した内容のブログとなれば、検索者がわかりやすいように詳しく書いていきますから、
自然とそれくらいの文字数になったようです。(書いたのは外注さんですが)

とはいえ色々な方の意見をまとめていくと、
文字数は最低でも1,000文字あればとりあえずOKなのかなという印象です。

ブログを書くことに慣れていない場合は「1000文字」でも、かなりハードルが高いと思います。

でも、『中身のある充実した記事である』という印象をGoogleに持ってもらうためにも、
エピソードや感想を入れたりして、なんとか頑張って1000文字以上書いてみましょう!

記事数

気になる記事数ですが、私は10記事くらい書いてから申請に出しましたが、
最近は4~5記事で合格したという方も多くいるようです。

頻繁に更新されているブログである、という印象を持ってもらいたいので(Googleに)、毎日書けなくてまとめて書いた場合であっても、

予約投稿機能を利用して、
1日1記事投稿しているように記事投稿日時を設定しましょう。

ひとまず5記事くらい書いて申請に出し、合格するまで「更新」もしくは「予約投稿」していきます。

カテゴリーを分ける

記事のカテゴリーを3つくらい作りましょう。

たとえば私が申請に使用した「タイ移住ブログ」では

  • タイの遊び
  • タイの食事
  • タイ人の性格

このようなカテゴリーを作って
それぞれに合った内容の記事を3つずつ入れていきました。

ひとつのカテゴリーには記事が多く入っていて、他のカテゴリーには0~1記事しか入っていないという事がないように、バランスよく記事を入れていきます。

赤字や太字などの装飾や見出しを適宜使う

読み手にとって読みやすい記事を心がけましょう。

強調したい部分に赤字や太字などの装飾を使用したり、見出しタグを使用すると読みやすいですね。

見出しタグとは記事の内容ごとに分けてある段落のことです。このブログでもよく使用しています。↓↓↓

 

記事投稿画面の左上にある『段落』で入れる事が出来ます。

アフィリエイトリンクを貼らない

アドセンス審査用の記事には、アフィリエイトリンクやその他のリンクもあまり貼らないようにしましょう。

(入れても大丈夫だったと言う人もいますが、私は念のため入れませんでした。そもそも収益化はできないかな~、という印象があります。)

記事ごとに画像を入れる

その記事の内容に合った画像を入れていきましょう。

画像はフリー素材または自分で撮った写真を使用していきます。

記事タイトルに共通のキーワードを入れる

何かひとつのテーマに特化したサイトで記事更新していくので、テーマであるキーワードを全記事タイトルに入れていれて、統一感を持たせるとアドセンス審査に通りやすいようです。

たとえば、私のアドセンス審査用ブログの記事タイトルには全て「タイ」が入っています。

タイで知った興味深いジンクス3選!タイ人はジンクスを信じすぎ!?

・タイ語が話せなくても大丈夫!タイのアンパワー水上マーケットの楽しみ方!

タイのオススメ屋台を6つ紹介します!食事もスイーツも屋台で楽しもう!

タイで釣りをするならここ!私のオススメ釣りスポット4選♪

アドセンス審査に出す

記事が書けたら、グーグルアドセンスの審査に出しましょう!

Google AdSense審査はコチラ

テーマJINでのアドセンス申請方法

Googleアドセンス審査は何度でも挑戦することができます。

(この通りにやればまず落ちないとは思いますが)もし落ちてしまっても落ち込むことはありません。改善&修正して再審査に出しましょう!

Google AdSenseの規約違反を読んでおく

これからGoogleアドセンスを使用してブログの収益化をする上でも、Google AdSenseの規約をしっかりと読んでおくことはとても大切です!

審査に合格したら、すぐにブログの収益化が始まります。

知らないうちに規約違反をしてまっていて『アカウント停止』というようなトラブルを防ぐためにも、今のうちにしっかり読んでおきましょう。

また、Google AdSenseの規約は変化するので、時々見直すようにもしてくださいね。

参照:Google サイト運営者向けポリシー

おわりに

Googleアドセンスの審査に出して合格するまでの流れと、準備や注意点を解説しました。

一発合格を目指して早速審査用ブログを作ってみましょう♪