プラグイン

BackWPupの設定方法!WordPressのバックアップを簡単にできるプラグイン

BackWPup、設定、バックアップ

BackWPupというプラグインを使って、WordPressのバックアップを取る方法を解説します。

【BackWPup】自動バックアップの設定方法

ダッシュボード『プラグイン新規追加』⇒『BackWPup』を検索。
インストールして有効化します。

BackWPup、設定、バックアップ

 

ダッシュボード『BackWPup』⇒『新規ジョブを追加』をクリックします。

BackWPup、設定、バックアップ

一般設定

このジョブの名前:管理しやすい名前を入力(ここでは「バックアップ」)

チェックは下記のように入れてください。(デフォルトのまま)

BackWPup、設定、バックアップ

 

アーカイブ形式:Zip

BackWPup、設定、バックアップ

 

バックアップファイルの保存方法:フォルダーへバックアップ

BackWPup、設定、バックアップ

 

『変更を保存』をクリックします。

スケジュール設定

ジョブの開始方法:WordPressのcron

 

スケジューラーの種類:基本

スケジューラー:毎週

BackWPup、設定、バックアップ

心配性の私はバックアップは毎日したいところですが、
サーバーに負担がかかってしまうので、自動バックアップは「毎週」にしています。
設定が完了したらダッシュボード『BackWPup』⇒『ジョブ』から
自分のタイミングで手動バックアップも出来ます。

時間はデフォルトで日曜深夜3時となっているのでそのままでOKです。
ご自分で設定する場合はブログの訪問者が少ない時間帯にしましょう。

『変更を保存』をクリックします。

DBバックアップ設定

全てにチェックが入っていることを確認しましょう。

BackWPup、設定、バックアップ

 

バックアップファイル名:そのまま

バックアップファイルの圧縮:GZip

BackWPup、設定、バックアップ

 

『変更を保存』をクリックします。

ファイル設定

デフォルトのままでOKです。

BackWPup、設定、バックアップ

 

テーマのバックアップ:使っていないテーマにチェック

BackWPup、設定、バックアップ

 

『変更を保存』をクリックします。

おわりに

プラグインBackWPupの自動バックアップの設定を解説しました。

週に1度の自動バックアップで安心だと思いますが、
ワードプレスの更新やプラグインのアップデートをしたりする前などに、
念の為手動でもバックアップを取るようにしましょう。

ダッシュボード『BackWPup』⇒『ジョブ』から
自分のタイミングで手動バックアップが出来ます。
またバックアップしたデータのダウンロードも同じところからできます。