プラグイン

コピペ防止のプラグインWP-CopyProtectの設定方法!WordPressの記事パクリを防ぐ!

コピペ防止、プラグイン

WordPressのコピペ防止のプラグイン『WP-CopyProtect』の設定方法をご紹介します。

プラグインWP-CopyProtectをインストールし簡単な設定をしておくことで、
記事をコピペして他のブログに転載されるのを防げます。

このプラグインではテキストの範囲選択や
右クリックが出来ない状態にすることができます。

設定はとても簡単なのですぐに済ませてしまいましょう。

WP-CopyProtectの設定方法

コピペ防止にはWP-CopyProtectというプラグインを導入します。

ダッシュボードからプラグイン新規追加で『WP-CopyProtect』を検索します。

コピペ防止、プラグイン、WP-CopyProtect、設定
インストールして有効化します。

コピペ防止、プラグイン

 

ダッシュボードに『WP-CopyProtect』が表示されたらクリックします。

コピペ防止、プラグイン

 

下のようにチェックを入れて『Sava Settings』をクリックして保存します。

コピペ防止、プラグイン

この設定により右クリックが禁止され、記事のテキストがコピーできなくなります。

※User Settingの設定により、管理者であるあなたはテキストをコピーできるようになっています。

 


さらに以下の設定もしておくと、コードごと記事をパクられた場合に
1〜2行しか表示されないようにできるのでより安心です。

ダッシュボードの『設定』 ⇒ 『表示設定』

コピペ防止、プラグイン、WP-CopyProtect、設定

 

「フィードの各投稿に含める内容」で『抜粋のみを表示』にチェックを入れ、
『変更を保存』をクリックします。

コピペ防止、プラグイン、WP-CopyProtect、設定

おわりに

記事がコピペされて誰かのブログに転載されてしまうと
重複コンテンツとみなされてしまいます。

万が一自分の書いた記事の方が検索エンジンにコピーしたと思われて
ペナルティの対象になってしまったら大変です。

そもそも一生懸命書いた記事をコピペされたらムカつきますよね!

このコピペ防止プラグイン『WP-CopyProtect』を導入し設定することは
あなたの大切な記事を守るひとつの手段になります^^